「孔子とガンジー」
<2007年度第1回合同研究会「紛争解決に関する理論研究:展望」>
■報告者 :安冨歩 (東京大学東洋文化研究所准教授)
■開催場所 :龍谷大学瀬田学舎智光館B103・104共同研究室
■開催日時 :2007年6月23日(土)10:30-17:00
■議事録番号 :070003
ディスカッサント: 長崎暢子(龍谷大学国際文化学部教授)

【報告の概要】
 安冨氏の報告は、ハラスメント理論の立場から、また特にフィンガレットの孔子論を参考にしつつ、孔子の『論語』の現代的意味を探る試みであった。安冨氏によると、孔子が説いていることの核心は「忠恕の道を歩むこと」であり、それは自分自身の「魂」の声に従うことである。そして、そこにおける学習過程そのものが「仁」である。そしてこの孔子の「仁」は、ガンジーの「サッティヤーグラハ」に相当するのではないかと安冨氏は述べた。
 ディスカッサントの長崎氏は、ガーンディー研究者としての立場から孔子とガーンディーの相違点をいくつか指摘するとともに、歴史学者としての立場からガーンディーのサッティヤーグラハが実際の政治状況のなかで展開した運動形態だった点を強調し、ガーンディーの言葉を読み解く際には具体的な歴史的文脈を踏まえることが重要ではないかと指摘した。
 
【議論の概要】
 討論では、ガーンディー思想における「復讐」の位置や、「大我(paramatma)」と「小我(jivatma)」の関係、などが議論された。また、忠恕の道を歩むことで得られるサッティヤは、文明をも越えた真理と接続しているかどうか、という点についても議論が行われた。
■資料詳細 
 
このページを閉じる