HOME TOP ENGLISH
公募研究
アフラシア平和開発研究センターとは
プロジェクトの概要
研究体制
アクティビティ|全体の活動報告
アクティビティ|1班の活動アクティビティ|2班の活動
アクティビティ|3班の活動アクティビティ|4班の活動
国際シンポジウム
ニュースレター
研究成果
研究成果|Afrasia Working Papers
研究成果|アフラシア研究
研究成果|報告書
研究成果|その他
公募研究
関連記事
リンク
アクセス・連絡先
諸規程・その他
2009年度公募研究
 1班:公募研究員
上田 知亮
(名城大学 法学部 非常勤講師)

「植民地期インド人指導者の秩序構想とアイデンティティの政治」

 2班:公募研究員
クロス 京子
(神戸大学大学院 法学研究科 博士後期課程)

「移行期主義(transitional justice)におけるローカル規範のグローバル化の可能性
−東ティモールのコミュニティ和解プロセス(CRP)の事例から−」

 4班:公募研究員
佐藤 量介
(一橋大学大学院 法学研究科 博士後期課程)

「アフリカの紛争後社会における法と和解 −秩序構築の諸様相−」




2008年度公募研究

 1班:公募研究員
戸塚 悦朗
(龍谷大学大学院 法務研究科 教授)

「国連人権機構改革がアジア地域紛争解決に及ぼす影響に関する研究
―軍性奴隷問題を焦点に―」

 2班:公募研究員
水野 敦子
(甲南大学 経済学部 非常勤講師)

「ミャンマー農村地域からの労働力国外流出と村落経済構造の変容に関する研究」

 3班:公募研究員
石塚 勝美
(共栄大学 国際経営学部 准教授)

「独立後の東ティモールにおける国家構築の問題点」

 4班:公募研究員
増田 和也
(京都大学大学院 人間環境学研究科 博士後期課程)

「インドネシアの森林地帯における相克と民主化・地方分権化のなかでの
新たな展開」




2007 年度公募研究

 1班:公募研究員
本條 晴一郎
(東京大学 東洋文化研究所 リサーチフェロー)

「脱ハラスメント戦略としてのサッティヤーグラハ」

 2班:公募研究員
樋本 淳也
(東京大学大学院 農学生命科学研究科 農業・資源経済学専攻 博士課程)

「インドネシア農村地域における土地収用を契機とした
土地紛争と土地法制の歴史的分析」

 3班:公募研究員
Acharawan Israngkura Na Ayuthaya
中井 仙丈
(School of Communication Arts, Sukhothai Thammathirat Open University)

「宗教組織のネットワークの誕生および拡大に関する研究
―北部タイにおけるHIV感染者救済の取り組みから」

 4班:公募研究員
佐川 徹
(京都大学大学院 アジア・アフ リカ地域研究研究科 博士課程)

「在来社会が有する平和構築のポテンシャル―北東アフリカ紛争多発地域の事例より」




2006年度公募研究

 1班:公募研究員
市倉  英和
(東京大学大学院 総合文化研究科 国際社会科学専攻 博士課程)

「分離独立紛争問題の解決と制度との関係―インドネシア・アチェを事例に―」
 2班:公募研究員
金 湛
(南九州短期大学 国際教養学科 講師)

「中国農村地域における地域特性に基づく地域分類 型化及び経済政策への提言」
 3班:公募研究員
ブルー ス・ホワイト
(同志社大学 社会学部 講師)

“Evaluating the effectiveness of Applied Ethnographic Research on Social Identity to the Creation of Anti-Conflict Media Campaigns”
 4班:公募研究員
佐藤 奈穂
(京都大学大学院 アジアアフリカ地域研究研究科 博士後期課程)

「Memaiの経済活動と親族およびコミュニティーの役割」



2005年度公募研究

 1班:公募研究員
中島  勇
(財 中東調査会 主席研究員)

「パレスチナにおける世代交代と制度化の研究」

 2班:公募研究員
嶋田 ミカ
(龍谷大学 非常勤講師)

「海外出稼ぎ労働をめぐる紛争―インドネシアの貧困女性を中心に」

 3班:公募研究員
岩田 拓夫
(筑波大学大学院 人文社会学研究科 専任講師)

「現代アフリカの紛争をめぐる境界線(国境線)と政治的アイデンティティ」

 4班:公募研究員
三須 拓也
(札幌大学 経営学部 専任講師)

「アフリカの政治的実態を国際的に 「歪め」て伝える国連の
機能についての研究―コンゴ危機を事例として―」