HOME TOP ENGLISH
ニュースレター
アフラシア平和開発研究センターとは
プロジェクトの概要
研究体制
アクティビティ|全体の活動報告
アクティビティ|1班の活動アクティビティ|2班の活動
アクティビティ|3班の活動アクティビティ|4班の活動
国際シンポジウム
ニュースレター
研究成果
研究成果|Afrasia Working Papers
研究成果|アフラシア研究
研究成果|報告書
研究成果|その他
公募研究
関連記事
リンク
アクセス・連絡先
諸規程・その他

・第5回アフラシア国際シンポジウム開催
 「紛争解決の新たな理論構築を目指して―アジア・アフリカの視点から―」
基調講演 ラルフ・ペットマン(メルボルン大学教授)
「日本的な紛争解決のアプローチはあるか」

・龍谷大学創立370周年記念事業 人間・科学・宗教シンポジウム第一回
  「非暴力と共生の世界を願って」

1班の班活動より
  「アジアにおける暴力と紛争」
2班の班活動より
  「貧困と紛争解決のための参加型調査」
3班の班活動より
  「東南アジアにおける国際労働移動
―民間主導から経済連携協定(EPA)へ―
4班の活動より
  「民主化移行期における紛争解決
―アジアとアフリカの事例より―」

・刊行物リスト

・研究会リスト



・朝日・大学パートナーズ シンポジウム開催
 「Who Cares? 誰が私たちの面倒をみるの?―介護現場のいま―」
基調講演 上野千鶴子(東京大学大学院教授)
「介護労働者は本当に足りないのか?―グローバリゼーションとケア―」

・アフラシア2009年度新メンバーの紹介
・アフラシア、ICAS 6に出席

1班の班活動より 「紛争、暴力、非暴力:紛争解決の理論的展開と実践」
2班の班活動より 「21世紀における環境・資源・貧困をめぐる紛争解決」
3班の班活動より 「グローバリゼーションと国際人口移動」
4班の班活動より 「世界史におけるアフリカ経済史」

・第3回PD・RA座談会
・インタビュー(学生インターン)
・アフラシアから10名の先生が研究代表者として科研費を獲得しました!
・研究会リスト
・刊行物リスト



・国際学術シンポジウム開催
 「よみがえるルース・ベネディクト−紛争解決・文化・日中関係」
 基調講演    「ルース・ベネディクトの個人的背景と『菊と刀』の誕生」
 パネルディスカッションT  「戦争にみる異文化理解」
 パネルディスカッションU  「東アジアと日本文化論」
 質疑応答
 
1班の班活動より
  「アジアにおける国際紛争問題」
2班の班活動より
  「地域資源管理に対するグローバル化の影響と紛争解決」
3班の班活動より
  「介護現場における異文化コミュニケーション」
4班の活動より
  「資源をめぐる紛争と紛争解決を探る」

・2008年度全体研究会
  「『紛争』とは何か、『紛争解決』とは何か」

・刊行物リスト

・研究会リスト

・お知らせ



・国際シンポジウム特集
 「第4回アフラシア国際シンポジウム開催」
 基調講演      「危険な環境下での貧困を理解するために」
                   「『緑の革命』を超えて−食糧と安全保障を考える」
 セッションT  「ローカルな生存維持の知識・文化と押し寄せる開発の波」
 セッションU  「紛争解決、平和構築における貧困の位置づけ」
 セッションV  「コミュニティvs. 国家−誰が何のためにローカルな資源を管理するのか」
 セッションW  「開発アジェンダと周縁の小数民族」
 総括パネル   「貧困、開発、紛争について考える−なぜ他の人々の開発に関心をもつべき
                   なのか、それもどのような形で?」 

・総合討論 

・シンポジウムの集合写真&エクスカーション団体写真

・特別講演:「『大国中国』と新日中関係」

・研究会リスト

・刊行物リスト

・文科省より「A・A」の中間評価

・お知らせ



・巻頭インタビュー ケント新センター長とカルロス新事務局長に聞く
      アフラシア新体制・新メンバーの紹介(2008年4月〜)

・国際シンポジウム 特集 第3回アフラシア国際シンポジウム開催
 基調講演    「悲鳴をあげる土地・水資源−稲集約栽培法(SRI)が示唆する
                  ポストモダン農業の事例と可能性」
 セッション1  「アジア・アフリカの紛争と資源問題」
 セッション2  「東・東南アジアの農業システムに見られる紛争解決」
 セッション3  「南・東南アジアの水資源をめぐる紛争解決」
 セッション4  「地域(食料)資源に対する新技術・新システムの影響」
 セッション5  「試練の石油経済」

・シンポジウムのプログラム 

・第3回国際シンポジウムを終えて

・第2回PD・RA座談会

・研究会リスト
.
・刊行物リスト

・第4回アフラシア国際シンポジウムのご案内

・アフラシア・センターの新リーフレット



・2007年度のアフラシア・センターの取り組み
 ・2007年度のアフラシア・センターの取り組み
 「経験をつなく―グローバル・コモンズとしての森林」
 「インドと日本―過去の回顧と未来への展望」
 「親鸞浄土教における『真実』の概念」 


・研究報告 
 1班:「ナショナリズムと紛争解決」
 2班:「国際シンポジウムに先立ち国際セミナーを開催」
 3班:「過去の戦争と和解、今日の外国人労働者と紛争」
 4班:「ローカルなレベルから土地と制度と人の関係をみる」

・2007年度「全体研究会」
 第1回「紛争解決に関する理論研究:展望」
                      (2007年6月23日開催)
 第2回「紛争解決と国際倫理の構築に向けて」
                      (2007年9月16日開催)

・刊行物リスト



・国際シンポジウム特集
 「第2回国際シンポジウム開催」
 パネル1「日本の教育環境」
 パネル2「つなぎとめる絆―トランスナショナルなアジアの移民のネットワークと送金」
 パネル3「紛争予防における文化概念の役割」
 パネル4「アイデンティティ、コンフリクト、ディアスポラの政治」


・特別企画「仕事も恋も子育ても」
 基調講演「女と男が開く未来―よりよい社会実現のために法律
 のできること」(赤松良子氏)
 パネル・ディスカッション「仕事も恋も子育ても―性にまつわ
 る紛争と和解の文化論」

・第1回PD・RA座談会

・アート in アフラシア

・研究会・刊行物リスト



 第三号 2007年2月

 ・智光館完成を記念する総会
  「アフラシア・センターの活動新拠点、智光館の完成ならびに講演会の開催」  
 ・記念講演
  「安全保障パラダイムから平和パラダイムへ」 ヨハン・ガルトゥング氏
  「現代の君主制を問う」 ベネディクト・アンダーソン氏

 1班の班活動より
  「暴力と非暴力について」
 2班の班活動より
  「若手研究者育成を目指す研究会が発足」
 3班の班活動より
  「ネットワーク概念と対立の解消」
 4班の班活動より
  「開発の現場から紛争・平和を考える」

 ・2006年度アフラシア国際シンポジウム
  第1弾(10月6日開催)
    「日本人論への問い」
  第2弾(12月9日開催)
   「華人の移民ネットワークに見るアイデンティティの変容」
  
 ・研究会リスト


 
 


・ 国際シンポジウム特集
         「第1回国際シンポジウム開催」

  第1セッション 中東平和問題
                       (アラブ・イスラエル問題)
  第2セッション 中東紛争をめぐる国際環境
                       (イラン、クルド、パキスタン問題)
  第3セッション 石油問題と中東紛争
  第4セッション アジアからの紛争解決への取り組み

 ・ 「2005年度の合同研究会・国際セミナー」


        



  

創刊号  2006年2月


・ 巻頭インタビュー
  「長崎暢子アフラシア平和開発研究センター長に聞く」

・ 研究報告

  第1班 「紛争の主体に関する研究」
  第2班 「環境と資源をめぐる紛争解決」
  第3班 「ネットワークと地域文化からみた紛争」
  第4班 「貧困と地域開発をめぐる紛争解決手段」