HOME TOP ENGLISH
研究成果
アフラシア平和開発研究センターとは
プロジェクトの概要
研究体制
アクティビティ|全体の活動報告
アクティビティ|1班の活動アクティビティ|2班の活動
アクティビティ|3班の活動アクティビティ|4班の活動
国際シンポジウム
ニュースレター
研究成果
研究成果|Afrasia Working Papers
研究成果|アフラシア研究
研究成果|報告書
研究成果|その他
公募研究
関連記事
リンク
アクセス・連絡先
諸規程・その他
その他

研究シリーズ 10 (英語) 
第2回日本―フィリピン間の人の移動に関する会議報告書
Ma. Reinaruth D. Carlos, Ruben Caragay and Aysun Uyar編
「日比経済連携協定によるフィリピン人看護・介護労働者の日本への移動 (2009年3月30日)」

研究シリーズ 9 (英語) 
Yoshio Kawamura, Saleh Ali, Hisashi Nakamura, Misa Shojiya, eds., Participatory Research for Poverty and Conflict Resolution, International Seminar, Dec. 6, 2009

研究シリーズ 8 (英語) 
日本−フィリピン間の人の移動に関する会議報告書
マリア・レイナルース・D・カルロス、佐藤千鶴子、Ruben Caragay編
「フィリピン人看護師・介護士の国際移動−日本への送出しの可能性− (2008年3月25日)」

研究シリーズ 7  
シンポジウム報告書
朴用助、権五鉉、趙恩敬、森田裕子、朴南洙、権五定、長崎暢子、山川喜美代編
「東アジアにおける近現代史教育−学校教育は和平構築に貢献してきたか−(2008年12月11日)」

研究シリーズ 6  
シンポジウム報告書
ポーリン ケント、濱下武志、松井智子、渡邉暁子編
「よみがえるルース・ベネディクト―紛争解決・文化・日中関係―(2008年12月6日)」

研究シリーズ 5 (英語) 
Kosuke Shimizu, Josuke Ikeda, Tomoya Kamino and Shiro Sato, eds., Is There A Japanese IR? Seeking an Academic Bridge through Japan's History of International Relations

研究シリーズ 4 
シンポジウム報告書
マリア・レイナルース・D・カルロス、中井久子、後藤由美子 内田晴子、松井智子編
「フィリピン人介護士受け入れ戦略−アメリカ・シンガポールからの教訓− さあ、日本はどうする?(2007年7月14日)」

研究シリーズ 3 (英語) 
Symposium Proceedings
William Bradley, Takeshi Hamashita, Haruko Uchida, Tomoko Matsui and Shiro Sato, eds.,
Challenges of changing Identity in Japan, October 6, 2006

研究シリーズ 2
シンポジウム報告書
青木恵理子、内田晴子、佐藤史郎編  「<特別企画>仕事も恋も子育ても(2007年5月12日)」

研究シリーズ 1 
シンポジウム報告書
マリア・レイナルース・D・カルロス、石坂晋哉、内田晴子編
「在日フィリピン人の介護人材養成:現状と課題(2005年11月6日)」


このページの先頭へ